とんだ一杯食わせ者

ファイアーエムブレム 新・紋章の謎

ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 ~光と影の英雄~
ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 ~光と影の英雄~
おすすめ平均
stars中々じゃないかな?
stars初めてやる方でもオーケー
stars今回は楽しい
starsFE好き。
starsやっぱ「手ごわいシュミレーション」

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ふぁ〜いあぁ〜え〜んぶれむっ♪

ということでメガテンSJワンクリした後にやってたDS版新・紋章の謎、こちらも先日ワンクリしたんでちょっとした感想をば。

FEは初代から「聖戦の系譜」(SFC)までプレイして、今作はそれ以来。DS版は前作の初代リメイク作品「新・暗黒竜と光の剣」がレビューで散々な言われようだったので続編となる今作もちょっとおっかなびっくりでしたが、一周やり終えた感想としてはまぁ概ね満足。良作リメイクのひとつと言っていいんじゃないかと思います。

(※以下続きはゲーム内容のネタバレも少し含みますのでご注意を)




 SFC「紋章の謎」はとにかく簡単だった印象が強かったので、最初は思いきって最高難易度の「ルナティック」を選択。がしかし序章を少し進めるうちにすぐにこれはムチャなモードであるという事が判明。 難易度、もそうなんですけど、とにかく一手間違うとクリア不可、完全に“詰め将棋プレイ”になってしまってこれでは面白くないなと。「ハード」(カジュアル)でリスタートしました。
 「ハード」はSFC版よりちょっと難しい程度とのことですが、うーん、やり終えるともう少しハードでも良かったかなと。つかルナティックとの差が激しすぎたんでそう思うのかもしれませんが。もっとも情報なしのプレイでは不意な増援にやられてしまうこともあり、そのへんは死んだユニットが次の章では復活している「カジュアル」に頼っていたというか、恩恵に預かってたんでしょうね。

 旧紋章からは…16年か、もうそんな経つのか。でもシリーズ中では一番印象に残っている作品だけに、プレイしだすと各キャラクターやストーリー、各章マップの構造まで思い出してきました。色々と新機軸が盛り込まれているけど、基本は変わらず。古き良きだけど“新生”のFEとして充分に楽しめました。


☆ストーリー
 マイユニットというマルスを補佐する役目のキャラを第二の主人公として据えたところが本作のシナリオでの一番大きな特徴。主人公が二人になり中途半端になったという意見もあるみたいだけど、旧作そのまんまだったとしたら物足りなかったし、追加の外伝シナリオとともに、これは妥当で良い追加要素だったんじゃないですかね。もっともマイユニットは能力的には固定クラスであるマルスに比べ兵種の自由度が高く真に万能型で、完全に主役を張ってるという感じでしたけど。

 全体的なお話はほぼSFC版準拠。王道スタイル。SFC版の時から思ってたけどボリューム的に約20章構成というのはどうなんでしょうか。外伝シナリオで少々増えたものの、個人的にはもう5話ほど多くてもいいような気もする。中盤以降の展開がちょっと駆け足かなー。もっと各地の拠点戦闘を複数入れて、ヤマ場である祖国奪還シナリオを盛り上げて終盤へ雪崩れこむ展開もアリかと。特に終盤はシステム的にもクラスチェンジやらなにやらで各キャラを満遍なく育てる余裕がなく、上級職で取得経験値が少なくなる事も考えてももう少し章数があってもいいと思う。


☆グラフィック・演出
 DS版は前作から「死に顔」とも言われる顔グラフィックですが、うーん…まぁ確かに全体的に渋めの感じはするものの、旧作のイメージからすると変わりすぎず特徴を残した正統進化と言えるんではないでしょうか。おぉあのキャラがこんな顔に、とちょっと新鮮なところもあり、任天堂らしい感じで私は好感持てましたけどね。 でも目をパチクリとか、DSでできる程度でもうちょいアニメエフェクトをつけても良かったかも。

 戦闘画面はFEらしいといえばらしい代わり映えしなさすぎる2Dのシンプル画面。正直ここはもうちょい変わってるかと思いましたが…まぁある程度見たらどうせ戦闘アニメOFFにするんだしこれもこんなもんでいいかなと。 各章開始の進軍画面と止め絵解説はいいですね。豊富になったBGMとともにそのへんの演出面はポイントを押さえたパワーアップだと思います。


☆システム
 SFC版に比べると大きな変更や細かい変更が色々加えられてますが、まずは前作新・暗黒竜でも採用された兵種変更システム。否定的な意見が多いみたいですが、これも私はアリかなと。マルスやチキ、ジュリアンなど固定クラスは特徴を壊さないよう残してあるし、ある程度兵種縛りも設けて楽しめる範囲の自由度になってると思います。特に今回はハードな難易度も設けてあるので、攻略上の必要性からも妥当なレベルかなと。やっぱりペガサスをペガサスでしか運用できないのはツラいし、複数回プレイ時の面白みにも欠けるので。

 武器の重さ設定撤廃も良い改良点。武器の威力と使用回数、持ち手の武器レベルで決まるところがわかりやすくなった。戦闘でのダメージはクリティカルの発生の有無を除けば、それら固定数値(支援効果もあるけど)でほぼ決まってしまいアバウトな増減の部分が少ないので、先にも言ったように詰め将棋的な結果から逆算した戦い方になってしまう。まそこがまたFEの良さと言えなくもないので、これでいいんだとも思いますが。

 途中中断は再開のみで、セーブ記録は章開始時以外はマップ中のセーブポイントでのみ可能。死んだユニットが生き返らない「クラシック」の緊張感を保つためにも、携帯機としてはこれくらいが丁度良い仕様ですかねぇ。私は「カジュアル」だけどやはり“美しく勝つ”がモットーなので、章中セーブからリスタートをかなりやりましたけどね(笑)


・・・・・・
 
 ハードモードをやり終えての印象は、とにかく金がすぐなくなる、つか足りない(笑) 事実上資金調達はマップで手に入る金塊を換金することと、闘技場で稼ぐくらい。固有の販売アイテムを買うにはオンラインショップという手もあるけど、売る店が出る章を一周プレイして覚えるか情報で知っておいて、そこまでお金を使わず蓄えておく必要がある。

 あと上にも書いたように章数制限から余裕をもって各ユニットを育てられず、結局これと決めたキャラだけ育成することになる点。ハード以上だと特に早めに主力キャラを上級職にしてやる必要もあるので、魔道士系などは僧侶で杖振りなどを繰り返すことに。カンストした強力ユニットと低能力ユニットの差が激しすぎるのも問題ですね。二回行動が速さのみで決まるのでその差がより顕著になり、使うのが厳しいキャラはひとたびベンチに入るとそのまま最後まで幽霊部員の扱いに(笑)


 まぁその他細かい点色々あるけど全体では大きな不満はなく、満足度高し。クリア特典の内容からも二周目やりたい気持ちが出てきます。(次は「ルナティック」で)
スペック的に演出を抑えるところは抑えて、FEシリーズは結構DSに適したSLGだと感じましたね。これなら他FEのリメイク作品もいい…けど、できれば完全新作のものがもうひとつ欲しいかな。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mikesakura.dtiblog.com/tb.php/45-4ff160e8

 | HOME | 

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のエントリー


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

検索フォーム


リンク


RSSリンク


プロフィール

みけ

Author:みけ
ゲーム&日々雑感。
気が向いた時だけ更新してますです。


PoweredBy

Powered By DTIブログ